20161021-_DSC6697

本坊酒造の津貫蒸溜所。オープン前にダメもとで訪ねてみた。
いよいよ鹿児島でもマルスウイスキーの蒸溜がはじまるのだ。オープン前の忙しい中、特別に蒸溜所の一部やバーなどを案内していただいた。内部の写真は撮れなかったけど、さすがだなという感じだった。
真新しいウイスキーのスティルポットの傍らには、ジンの蒸留装置も置かれていた。スピリッツにも力を入れるのだと、案内してくれた部長さんが言っていた。
国道沿いにぞびえていたのは、垂直型の旧蒸留装置をおさめた建物だった。津貫蒸溜所のシンボルとも言える部分だ。見上げると先人たちの努力と汗が積み重ねられているように見えた。
その直下には樽の貯蔵庫がある。すでに信州マルス蒸留所で蒸留された原酒が眠りについていた。もうすぐここで蒸留された原酒も仲間入りをするはずだ。
貯蔵庫の中で深呼吸をしてみた。ゆっくりと時が堆積していく香りがした。